なないろ整骨院のインナーマッスルトレーニング

なないろ整骨院の特殊電気治療

「3D EMS」とは・・・。

 

 

こんにちは。豊中市緑丘のなないろ整骨院のブログ担当の村山です。

 

先日の連休の日曜日に、もう1店舗の豊中市岡町のむらやま整骨院の社員と、その家族みんなで舞鶴の海でBBQをしてきました。

 

 

豊中市岡町のむらやま整骨院のホームページはこちら

 

 

日差しがきつくてしんどかったですが、楽しい一日になりました。

小さな子供も4人いたのですが、海で泳いだり、BBQしたり、スイカ割りをしたりと楽しそうにしていました。

また機会があればみんなで行きたいなと思います。

 

 

さて、今日は前回の記事の最後で書いたように「なないろ整骨院・整体院のインナーマッスルトレーニング」について書いていきたいと思います。

 

 

前回と前々回の記事とも関連しますので、よかったら先にこちらをお読みください

前々回の記事・・・「腹筋について」

前回の記事・・・「弱くなった腹筋をどうすればいいのか・・・。」

 

 

前回の記事や、前々回の記事をお読みになられた方は腹筋群の重要性を解って頂けたんではないでしょうか。

 

 

その中でも前回の記事の中でも書いたように、「アウターマッスル」は鍛えやすいが、「インナーマッスル」に関しては意識してトレーニングしないと、なかなか鍛えることができないと書きました。

 

 

一応、前回の記事の中で簡単なバランスボールを使ったトレーニング方法を書きましたが、この記事を読んで、実際にやっている方はいるでしょうか。

 

 

 

 

話は少しそれますが、私が整骨院の業界に入って16年くらいが経っています。

整骨院での保険の適応症である、急性の外傷で怪我をしてきた人もたくさん見てきました。

骨折や脱臼、捻挫などのひどい怪我も見てきました。

スポーツ障害もよく見ていて、名前は出しませんが、オリンピックのメダリストや、アマチュアの日本チャンピオンなども見ています。

 

 

 

また、一般の方の診察の時に、セルフでのトレーニング方法を指導したりもするのですが、そのトレーニングをどのくらいの方がちゃんと続けれているでしょうか。

 

 

プロのスポーツ選手にトレーニングを指導すると、必ず成果が出るまで、選手はやってくれます。

当然スポーツでお金を稼ぎ、ご飯が食べれているので、よいトレーニングに関しては貪欲に聞いてきますし、ちゃんと実践してくれます。

生活に絶対に必要だといいう認識がとても強いので、必然的にそうなります。

 

 

では、スポーツ選手ではない一般の方ではどうでしょう。

 

 

少し考えてみてください・・・。

私が16年間の整骨院の臨床経験で、ちゃんと続けてトレーニングをこなしている患者様は何人位いると思いますか??

 

 

 

 

 

答えは、約25人位です。

 

 

そのほとんどの人が、脳梗塞であったり、大きな事故であったり、ちゃんとリハビリをしないと、社会復帰できない位の、大怪我をした人です。

 

 

私は患者様を診た時には、ほとんどの方に、必要な筋肉のトレーニング方法を指導しています。

しかし、実際にちゃんとトレーニングをして、継続して続けれる人というのは、本当にごくわずかです。

 

 

私の指導不足も多々あると思いますが、トレーニングを続けられないという患者様のほとんどの方は、トレーニングの重要性や、必要性を理解していない方だと思われます。

 

 

さっきも書いたように、脳梗塞などのトレーニングをしなければ、社会復帰できない位の大怪我をされた患者様は、本当に必要性を理解し、トレーニングを実践、継続されていると思われます。

 

 

では、どのようにすれば、骨盤が歪みや不調などが出ている、「トレーニングが必要な患者様」にトレーニングを実践し、継続して頂けるかを、いつも考えていました。

 

 

自分でトレーニングは続かないということを前提に考えた結果、施術にはちゃんと皆さんご来院されるので、なないろ整骨院・整体院に来たついでに、自分でトレーニングをするのではなく「勝手にトレーニングしてくれる物」があればいいんじゃないかと考えるようになりました。

 

 

そこで、なないろ整骨院・整体院では開院時に「ES-5000」(伊藤超短波株式会社)という現在出ている電気機器の中で最高峰の、豊中市で当院のみ、近畿圏内でも30台もない、最新の特殊電気機器の導入を決めました。

 

 

なないろ整骨院の特殊電気治療

 

上の写真が、「ES-5000」という実際の機械の写真です。

この機械は多くのプロ選手や、プロのチームなどが使用しています。

 

 

「ES-5000」というこの機械は、様々な施術に使えるのと、立体的に深部の筋肉を刺激し、自分の意思とは関係なく筋肉を収縮させ、「勝手にインナーマッスルのトレーニング」をできる機械になっています。

 

 

この「勝手にトレーニング」できるモードを「3D EMS」と言います。

 

 

今までもEMSという機械を使ってのトレーニングをやっているところや、自宅でできるとうたって販売している商品もありますが、「3D EMS]を実践できる機械は、豊中市ではなないろ整骨院しかありません。

 

 

自宅でインナーマッスルのトレーニングができるとうたって販売している商品のほとんどは、「マイクロカレント」という微弱電流を流しているものがほとんどで、筋肉を増やすという目的としてはかなり弱いです。

 

 

さらに今までのEMS療法というトレーニング方法も基本的には当院の「3D EMS]と一緒なのですが、電気の到達深度が違い、トレーニング効果が、全然違います。

 

 

 

自宅でのトレーニングがなかなか続かない方、しんどいからトレーニングが嫌いな方など、自分で続きそうにない人はぜひ一度「勝手にインナーマッスルをトレーニングしてくれる機械」でトレーニングしてみませんか??

 

 

 

今回は文章ばかりで少し読みにくいですが、すいません。

 

 

 

次回は「絶対に必要な産後のトレーニングと骨盤矯正」について書きたいと思います。

 

 

一度体験してみたいと思った方はいますぐここまで

 

The following two tabs change content below.
アバター

なないろ整骨院 院長 濱井 康憲

施術年数16年、施術延人数は10万人を超えています。健康について、どのようなことでもお答えできると思っています。どんなことでもご相談ください。 趣味:ロードバイクでの長距離サイクリング 家族:妻・子供2人(長女・長男)
アバター

最新記事 by なないろ整骨院 院長 濱井 康憲 (全て見る)

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前