弱くなった腹筋をどうすればいいのか・・・。

なないろ整骨院の施術の流れ 受付

結論です

 

 

 

熱い日が続きますね。豊中市緑丘のなないろ整骨院のブログ担当の村山です。

 

 

さて、ワールドカップが終わってしまいましたね。

 

 

優勝したフランスは大会を通して、いいサッカーをしていたと思います。

 

 

私も25年間サッカーをしていて、プロにはとてもなれませんでしたが、現在の職業である整骨院の先生になるきっかけは「ワールドカップに行きたい」でした。

 

 

選手としてワールドカップに行くことは絶対に不可能でしたが、チーム関係者でならいけるんじゃないかと思い、整骨院の先生を志したのがきっかけでした。

 

 

まぁ、いまだにワールドカップには行けないのですが、これからも「ワールドカップのピッチに立つ」を目標に日々の生活を送っていこうと思います。

 

 

本当に優勝したフランスおめでとうございます。

 

 

そして、準優勝のクロアチアもお疲れさまでした。

 

 

 

さぁ、話は本題に入りましょうか。

 

 

前回書いた腹筋についての記事の最後に告知していた、「弱くなってしまった腹筋をどうすればよいのか?」について、今日は書いていきたいと思います。

 

 

前々回の「骨盤のいい状態とは・・・。」と、前回の「腹筋について」の話の流れですので、前の記事を読んでいない方は、一度先にお読みください。

 

 

前々回の記事・・・・「骨盤のいい状態とは・・・。」

前回の記事・・・「腹筋について」

 

 

今日は結論から書きたいと思います。

 

 

弱くなってしまった腹筋をどうすればいいのか・・・。

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

結論を言うと、

 

 

 

 

 

 

 

 

引き伸ばしすぎなので、書きますね。

 

 

 

結論

 

 

 

「鍛えるしかない!!」

 

 

 

以上です。

 

 

 

「ハイ(怒)???」

「そんなことわかっているわ(怒)」って思った方が99%だと思います。

 

 

だって、「鍛えるしかない」以外に答えがないんだもの!!!

 

前回の記事の最後にも書きましたが

◎腹筋群が弱くなると、骨盤の傾きが出てきて、腰に違和感や、ダルさが出てくることが多い!!

◎腰のみの違和感やだるさだけではなく、他の場所にも違和感やだるさがでやすくなる

◎見た目の姿勢が悪くなり、実年齢以上に年をとったように見える

 

と、上記のような状態になりやすいです。

 

 

そして、「弱くなってしまった腹筋をどうすればいいのか?」という疑問の答えは、「鍛えるしかない」ということは、先ほど書きました。

 

本当に鍛えることしかないのですが、鍛え方にもやり方はいろいろあります。

 

 

 

上のチャートは前の記事にも載せましたが、腹筋群の模式図です。

 

 

少し解剖学的な事を書きますね。

 

 

まず、体表(人間の皮の部分)から見ていくと、一番表面に近い腹筋群の筋肉は「腹直筋」です。

その横に俗に言う脇腹あたりに、「外腹斜筋」があり、そのすぐ内側に「内腹斜筋」があります。

さらに、その「腹斜筋」の内側に「腹横筋」があります。

上の模式図には「腹横筋」が載っていませんので、「腹斜筋」のまだ、奥の方にあるとイメージして頂ければいいかと思います。

 

 

ざっくりいうと、

前側の一番表面に「腹直筋」。

横の表面から順番に「外腹斜筋」「内腹斜筋」「腹横筋」という順番であると思ってください。

 

よく、筋肉には、「アウターマッスル」と「インナーマッスル」というものが存在するといわれるのを、ご存知の方も多いと思います。

 

 

「アウターマッスル」とは体表に近い筋肉で、主に体を動かす筋肉を指します。

「インナーマッスル」とは奥の方にある筋肉で、主に身体を動かす時に体幹を支えて、アウターマッスルが動きやすいようにする筋肉です。

 

「アウターマッスル」の鍛え方はよくやる「腹筋運動」で鍛えれますが、「インナーマッスル」に属する、「腹斜筋群」や「腹横筋」は意図的に筋トレしなければ、なかなか鍛えれません。

 

 

インナーマッスルのトレーニングの注意点

 

 

前項で書いたように「インナーマッスル」は意図して鍛えなければ、なかなか鍛えれません。

 

まず、「インナーマッスル」のトレーニングで気をつけて欲しいことを書いておきます。

 

 

◎重い負荷をかけすぎない

◎追い込みすぎない

◎2日に一回くらいのペースで行う(週2回位)

 

 

 

インナーマッスルのトレーニング方法

 

 

 

「インナーマッスル」のトレーニングにはバランスボールがいいとされています。

 

 

 

 

 

上記の写真のようにバランスボールを腰の下あたりに置き、あとは普通の腹筋をするだけです。

「腹直筋」のトレーニングになります。

基本的には普通の腹筋とやり方は一緒なので、解りやすいと思います。

足でバランスを取らないといけないので、体幹も一緒に鍛えられます。

 

 

 

 

 

ちょっといい写真が無く、少しわかりにくくてすみませんが、上の写真の上半身を床に寝て、バランスボールに足を乗せ、左右にころころとバランスボールを転がすことによって、「腹横筋」を鍛えられます。

はじめのうちは左右に10~15回くらいから始めればいいと思います。

 

 

最後に・・・

 

 

骨盤が歪んでいたら、トレーニングをしてもなかなか、筋肉もつきにくいです。

左右均等に「ちゃんと動く状態」でトレーニングをしなければ、トレーニングをしても余計に痛める場合もあります。

骨盤調整で左右均等に力を入るようにした状態でトレーニングをしましょう。

 

 

 

なないろ整骨院ではトレーニングの指導もしていますので、一度気になる方はこちらまでご相談ください。

 

 

 

次回はなないろ整骨院にて簡単にできる「インナーマッスル」のトレーニングについて書きたいと思います。

 

 

ではでは、暑いですが、水分をよく取り、熱中症に気をつけ、暑い夏を乗り切りましょう!!!

The following two tabs change content below.
アバター

なないろ整骨院 院長 濱井 康憲

施術年数16年、施術延人数は10万人を超えています。健康について、どのようなことでもお答えできると思っています。どんなことでもご相談ください。 趣味:ロードバイクでの長距離サイクリング 家族:妻・子供2人(長女・長男)

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前