外反母趾について

 

 

 

こんにちは、大阪府豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院のブログ担当の院長の浜井です。

 

 

ブログの投稿期間が少し忙しくて空いてしまいました。

 

 

 

コロナの自粛期間で来られなかった患者様が、外出規制終了と同時にたくさん来院されて、なかなかブログを書く時間が確保できませんでした。

 

 

 

久しぶりにお顔を見た患者様は、みなさんとてもお疲れのご様子!!

 

 

 

お体の方も、とてもいい状態とは言えない方が多かったです!!

 

 

自粛期間で仕方がなかったのですが、これからの治療計画をしっかりと説明させていただいています。

 

 

 

さて、久しぶりのブログの更新ですが、患者様から「外反母趾」について色々と質問をされましたので、なないろ整骨院・整体院での外反母趾についての考え方、施術方法などを書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

外反母趾とは

 

 

 

外反母趾とはどんなものなのかご存知でしょうか?

 

 

ご自身が外反母趾でお悩みの方は、概要などを調べたりして、知っている方もいらっしゃるかと思いますが、自分自身が外反母趾ではない方は、専門職でもない限り、あまりどういったものかを知らないんじゃないでしょうか。

 

 

 

外反母趾とは、足の親指の指の付け根の関節から指先が小指側に曲がってきている状態を言います。上の図の左側のような状態のことを言います。

 

 

 

日本人の2人に1人くらいは外反母趾・偏平足など足に関する問題があると言われています。

 

 

外反母趾とは、変形した親指が小指のほうへ曲がっている状態のことを言いますが、、親指が悪いのではなく、足全体の構造が崩れてしまい起こります。

 

 

外反母趾は、ハイヒールなどのつま先の狭い靴をよく履く女性に発症しやすいといわれています。しかし、男性や子供にも発症しますし、つま先の細い靴がダメなのではなく、多くの場合は中足関節の靭帯が緩むのが原因であることが多いです。

 

 

もちろん先天的な要因がある方も少なからずいます。

 

 

 

外反母趾で来院される方の中で、違和感がある方もいらっしゃいますが、多くの場合では違和感はなく、苦痛を感じている方は外反母趾の全体の5%くらいだと言われています。

 

 

しかし、違和感がある、ないに関わらず放置しておくと、足の構造が崩れている状態ですので、体を地球の重力から唯一支えている場所が足底になり、その足底の状態が不安定な状態であるということは、外反母趾のみではなく、体の様々な部分で足底の不安定感をカバーするので、首の違和感・肩コリ・腰痛などさまざまな不調の原因にもなる可能性があります

 

 

 

 

 

外反母趾に対しての施術

 

 

 

 

先ほど書いたように外反母趾になる原因は、中足関節の靭帯の緩みが原因となることが多いです。

 

 

靭帯の緩み自体はなかなか元に戻そうとしても戻りませんが、足の筋肉を緩めたり、鍛えたりすることによって、足底の機能を回復させ、外反母趾を和らげることはできます。

 

 

 

痛みが出る原因は、ほとんどの場合が外反母趾部への直接的な物理刺激によるものです。

 

 

 

物理刺激とは簡単にいってしまえば、ぶつかっているということです。

 

 

 

筋肉を緩めるためのマッサージや、ストレッチ、筋肉をつけるためのトレーニングの効果などはすぐには出てきません。

 

 

 

なないろ整骨院・整体院での施術としては、先ほどから書いている、マッサージ・ストレッチ、トレーニングの指導を行うのと並行して、テーピングでの外反母趾部への負担の低下をさせるとともに、歩行の指導も行っています。

 

 

 

外反母趾がある方のほとんどが歩き方に問題があることが多く、外反母趾を庇うためにの歩き方をしている方がとても多いです。

 

 

 

痛みがある場合は、ある程度は仕方がありませんが、施術とテーピングによる固定で、物理刺激はほとんどなくなり、それに伴い痛みも軽減する場合がほとんどです。

 

 

 

痛みがないのにもかかわらず、外反母趾をかばう様な歩行をしていては、違う場所に痛みが出現してしまします。

 

 

 

施術とテーピング固定により痛みが軽減した際には、しっかりとした歩行を行うことにより、外反母趾が進行しないようにしなければいけません。

 

 

 

 

まとめ

 

 

・外反母趾は親指が悪いのではなく、足全体の構造が悪くなり発症する

 

・テーピング固定で痛みがある場合はおおかたの痛みは軽減できる

 

・歩行が悪くなっている場合がほとんどである

 

・かばって歩いていると、他のところに痛みが出る場合が多い

 

・施術はマッサージ・ストレッチ、テーピング、歩行指導を行う

 

 

 

今回は「外反母趾について」というテーマで書かしてもらいました。

 

 

 

なないろ整骨院・整体院に来院される患者様からもよくご質問をいただくので、今回書かしてもらいました。

 

 

来院されている方で外反母趾があっても痛みがある方はほとんどいません。

 

 

しかし、皆さん一時期は外反母趾のところが痛かった記憶があるという方がほとんどで、その時のかばうための歩き方が身についてしまっている方がとても多いです。

 

 

 

「腰が痛い」と訴えられて来院された患者様を見させてもらったら、原因は歩き方が悪く、骨盤が歪んでしまっていた。その原因は外反母趾だったということも多々あります。

 

 

 

なかなかご自身では歩き方というものはわからないと思います。

 

 

 

外反母趾で痛みが出ていない方も、違う場所が痛くならないための予防のために、外反母趾の施術及び、歩行訓練、トレーニングをされた方がいいと思います。

 

 

 

外反母趾でお悩みの方は一度ご相談ください!!

 

外反母趾

なないろ整骨院・整体院の外反母趾の説明のリンクです。よかったらお読みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

疲労を残さないためにも日々のメンテナンスはとても重要です。

 

 

 

マッサージや骨盤矯正などでしっかりとした、体の基礎を作ることもすれば、疲労の抜けるのも早くなり、疲労が溜まるのも緩めることができます。

 

 

 

なないろ整骨院・整体院では体を根本的なところから改善するための施術を行っています。

 

 

 

是非一度体験してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院では栄養指導も含めたパーソナルトレーニングを行っています。

 

ご興味がありましたら一度見てください。

 

 

 

 

 

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院のホームページでは色々な役立つ健康情報を掲載しています。よければ一度見て下さい。

 

 

 

 

なないろ整骨院・整体院オフィシャルホームページ

 

 

 

 

 

ご予約はこちらから・・・「なないろ整骨院・整体院予約ページ」

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。今後も皆様に有益な情報を届けれるように、ブログを書いていこうと思います。

 

The following two tabs change content below.
アバター

なないろ整骨院 院長 濱井 康憲

施術年数16年、施術延人数は10万人を超えています。健康について、どのようなことでもお答えできると思っています。どんなことでもご相談ください。 趣味:ロードバイクでの長距離サイクリング 家族:妻・子供2人(長女・長男)
アバター

最新記事 by なないろ整骨院 院長 濱井 康憲 (全て見る)

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前