お尻のストレッチ [実技篇]

 

 

 

こんにちは、豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院のブログ担当の院長の浜井です。

 

 

 

毎日暑くなってきましたね。

 

 

毎日片道10kmを自転車で通勤しているのですが、最近は施術所についた時の汗がすごく、なかなか汗がひきません。

 

 

ウエットタオルで体を拭いたりする時間もいるので、汗をかかない時期よりも少し早く出勤しています。

 

 

 

5月は急に気温が高くなり、熱中症がとても増える時期です。

 

 

暑さに体が慣れていないために熱中症になりやすいと言われていて、暑いと感じた際は、迷わずにエアコンなどをつけて、体が暑さに慣れるまで、倒れないようにしましょう。

 

 

また、水分を不足しがちになりますので、しっかりと水分を喉が渇いたと思う前から、こまめにとりましょう。

 

 

 

 

さて、今回は「お尻のストレッチ[実践編]」というテーマで書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

お尻の筋肉

 

 

 

 

 

上の全身の解剖図に大きな筋肉が、下の解剖図は、お尻の表面ではなく、奥の方にある深層筋と呼ばれる筋肉が描かれています。

 

 

 

今回はこの中で、しっかりと伸ばしてやると、腰の痛みや、足の痛みの改善につながるストレッチを解説していこうと思います。

 

 

 

坐骨神経痛や、ヘルニアなどと診断された方や、腰に違和感がある方、腰痛持ちだという方はしっかりと読んでいただき、是非参考にしてください。

 

 

 

今回は簡単なお尻のストレッチで、尚且つ、腰痛や足の痛みに効果のあるストレッチを3つご紹介します。

 

 

 

 

 

ストレッチの決まり事

 

 

 

ストレッチを行う時の基本として、1箇所で行う時間は20秒〜30秒です。

 

 

伸ばしている時の力加減としては、「筋肉が伸びているのがわかり、気持ちいい」くらいの力で行います。

 

 

反動はつけずにゆっくりと伸ばしていき、筋肉が伸びているのがわかり、気持ちいいなと思うところで止めてください。

 

 

呼吸は止めないようにし、鼻から吸い込み、口から出すようにしてください。

 

 

 

 

 

お尻のストレッチ[実践]

 

 

 

 

<お尻のストレッチ(1)>

1、仰向けに寝る

 

 

2、ストレッチをする側の足首を反対の膝の上に乗せる

 

 

3、膝を写真のように持ち、胸の方に引きつける

 

 

4、お尻が伸びていると思ったところで止める

*胸の方に引き付ける際に無理やり痛みの出るところまで引きつけないように注意する

 

 

 

 

 

<お尻のストレッチ(2)>

 

 

1、仰向けに寝る

 

 

2、写真のようにストレッチをする側の膝を曲げ、反対側の床につけるようにする

*ストレッチする方の足はなるべく床につけた方がいいが、硬い方はつかないので、伸びたと思うところで止めてもいいです。

 

 

 

 

 

<お尻のストレッチ(3)>

 

1、両膝で立つ

 

 

2、写真のように、ストレッチをする側の足を大きく前に出し、反対側に膝をまげる

*こけないように両手でバランスを取る

 

 

 

3、上半身をできるだけ床につけるようにし、伸ばした足は太ももが床とくっつくようにする。

*太ももが床までつかない方や、上半身が床につかない方もいると思いますが、できる範囲で結構です。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

・ストレッチは「気持ちがいい」くらいの負荷で、20秒〜30秒間呼吸をしながら行う

 

・お尻のストレッチは「腰痛」に効果がある

 

・毎日続けて行う事で、柔軟性がつき、疲れのたまりにくい体になれる

 

 

 

今回は「お尻のストレッチ[実技篇]」というテーマで欠かしていただきました。

 

 

腰に違和感や、不調がえている方にはとても有効なストレッチですので、是非ご自宅で試してみてください。

 

 

 

1日の終わりにお尻のストレッチをしてやることによって、次の日に腰のダルさなどが持ち越さないでいいようになるかもしれません。

 

 

 

なかなかコロナの影響で外出できない、しづらいと思いますので、こんな時こそ、ご自宅でセルフストレッチをしてみましょう。

 

 

 

以前に書いたストレッチの記事のリンクも貼っておきますので、よかったらお読みください。

 

簡単ストレッチ お尻編

 

簡単ストレッチ 下半身編

 

簡単ストレッチ 下半身編 PART 2

 

 

 

 

 

 

 

ストレッチだけではなかなか根本的な解決にはならない事が多いです。「根本的に良くすること」を目的としたなないろ整骨院・整体院独自の施術である「根本改善施術」を受けてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院のホームページでは色々な役立つ健康情報を掲載しています。よければ一度見て下さい。

 

 

 

 

なないろ整骨院・整体院オフィシャルホームページ

 

 

 

 

 

ご予約はこちらから・・・「なないろ整骨院・整体院予約ページ」

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。今後も皆様に有益な情報を届けれるように、ブログを書いていこうと思います。

The following two tabs change content below.
アバター

なないろ整骨院 院長 濱井 康憲

施術年数16年、施術延人数は10万人を超えています。健康について、どのようなことでもお答えできると思っています。どんなことでもご相談ください。 趣味:ロードバイクでの長距離サイクリング 家族:妻・子供2人(長女・長男)
アバター

最新記事 by なないろ整骨院 院長 濱井 康憲 (全て見る)

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前