ダイエットチャレンジWEEk12:ビタミンCについて

 

 

 

 

こんにちは、豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院のダイエットチャレンジ中のスタッフの村山です。

 

 

 

過去のダイエットチャレンジはこちらからどうぞ

こちらをクリックしてください

 

 

パソコン画面では左の一番下の方・スマホ画面では一番下の辺りに「スタッフのダイエットチャレンジ」という欄にまとめています。

 

 

 

 

 

 

 

経過報告

 

 

 

 

  1月6日(開始時) 3月25日(前回) 4月1日
体重 81.0kg 77.2kg 77.0kg
BMI 27.4kg/m2 26.1kg/m2 26.1kg/m2
体脂肪率 19.8% 15.7% 16.0%

 

 

 


 

 

 

どうでしょうか、もう少し頑張れるような気がしています。

 

 

 

新型コロナウイルスでジムに行かなくなって1ヶ月くらいが経過しました。

 

 

 

ジムに行っている時はトレーニング後に40分〜1時間くらいは有酸素運動をしていたのですが、コロナウイルスが流行っていることもあり、あまり出歩きたくなかったのと、寒かったのとで有酸素運動を全くと言っていいほどしていませんでした。

 

 

 

トレーニングは施術所でウェイトが足りない中でも、狙った筋肉にしっかりと負荷を乗せれるように、色々と工夫を凝らして、できているのですが、有酸素運動はやらないといけないなと思いながら、全然やっていませんでした。

 

 

 

ジムでトレーニングと有酸素運動はセットだったのにもかかわらず、施術所でトレーニングはできるが有酸素運動をしないのはなぜなのかを考えたら、単純にジムには有酸素運動用の走る機械などがありますが、施術所には有酸素運動の機械は置いていないので、トレーニングと有酸素運動がセットになっていなかったので、はっきり言って忘れていました。

 

 

 

今週からお昼休みにトレーニングをして、家に帰ってから有酸素運動のために軽く走りに行くことにします。

 

 

 

外を走る分にはコロナウイルスも関係ないですしね。

 

 

 

 

 

 

ビタミンCとは

 

 

 

 

ビタミンCと言われてどのようなものかを、さっきりと言える方は少ないのではないでしょうか?

 

 

 

昨今のアンチエイジングブームの影響とでもいましょうか、「抗酸化物質」というものをよく目にします。

 

 

 

ビタミンCはその抗酸化物質の代表格であり、サプリメントなどの商品も多数売られていて、一般的にビタミンCというと、「美容にいいもの」という認識の方が多いのではないでしょうか。

 

 

 

最近の研究では「美容」のみではなく、ビタミンCには様々な働きがあることがわかっています。

 

 

 

 

そもそもビタミンCとは一体どういうものなのかというと、大航海時代に「壊血病」という、長期間にわたる航海で船員たちは新鮮な野菜や果物をあまり取ることができずに、血管が脆くなり、全身の血管から出血することで死んでしまう病気がありました。

 

 

船医が船員たちに柑橘類の果物を食べさせたら、壊血病が治ることがわかり、それがのちのビタミンCの発見に結びつきます。

 

 

 

 

ビタミンCは多くの動物では体内で作り出すことができますが、人間は体内で作ることができず、食べ物から摂取しなければいけません。

 

 

 

ビタミンCが不足すると、イライラしたり、肌が荒れたり、疲れやすくなったりします。

 

 

 

どのような食品にビタミンCは野菜、果物全般に含まれていますが、特に多く含まれているものはというと、レモン・オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類や、ブロッコリー・ピーマン・キャベツなどの緑色野菜に含まれています。

 

 

 

ビタミンCは多く取りすぎても2〜3時間で尿から排泄されるので、普通に摂取するぶんには、摂取量はあまり気にしなくてもいいですが、あまりに多くを撮りすぎてしますと、お腹を下してしまうことがあるので、量は調整して摂取することが望ましいのではないでしょうか。

 

 

 

ちなみにビタミンCの日本人の摂取目安量は1日あたり100mgです。

 

 

 

男女差はなく、少し多くとっても先ほども書いたように尿と一緒に排泄されるので、多少多くとっても心配ありませんが、肝臓が悪い方などは過剰に摂取してしまいますと、消化不良を起こし、下痢になる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

ビタミンCに期待される効果

 

 

 

1)抗がん作用

 

2)美白効果

 

3)アレルギーの軽減

 

4)免疫力アップ

 

5)骨粗相症予防

 

6)自律神経の安定(ストレスの抑制)

 

7)薄毛改善

 

 

 

上記であげた効果がビタミンCには期待できるという、最新の研究結果が出ています。

 

 

 

この中で気になる効果といえば女性であれば「美白効果」、男性であれば「薄毛改善」、今の時期的にいいますと「アレルギーの軽減」などでしょうか。

 

 

 

「美白効果」・・・ビタミンCがメラニン(シミ・そばかすの原因になるもの)の沈着を防ぐ働きがある

 

 

「薄毛改善」・・・コラーゲンが破壊され、毛包幹細胞が死滅することで薄毛が起こるという研究結果がありますが、ビタミンCはコラーゲンの破壊を防ぎ、毛包幹細胞の増加が見られたとのマウスでの実験結果があります。

 

 

 

「アレルギーの軽減」・・・・ビタミンCはアレルギーを起こす原因となるヒスタミンを直接破壊することが確認されており、鼻炎や花粉症の軽減に作用します。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

・ビタミンCは体の中では作れないので、食品などから摂取しまければいけない

 

・日本人の1日あたりの摂取目安量は100mg

 

・抗酸化作用が期待でき、美容・アレルギーの軽減・薄毛などにも効果がある

 

 

 

 

今回はビタミンCについて書いてみました。

 

 

 

摂取量は個人個人での違いが大きいので、摂取目安量を基準にすこし少ないくらいから取るようにし、少しずつ量を増やしていくことがいいと思います。

 

 

 

タバコを吸う方は1本吸うことにより1日の摂取目安の100mgの約半分の50mgが消費されると言われています。

 

 

 

ビタミンCが不足するとシミやそばかす、シワの原因にもなりますので、美容効果に期待したい場合は、禁煙も同時に行う方がいいでしょう。

 

 

 

以前から何度も食事をバランスよく取り、よく動き、よく寝るというのが健康や美容には一番だと書いてきました。

 

 

 

今回はビタミンCについてフォーカスして書きましたが、ビタミンCのみをしっかりととっても、他のことが疎かになってしまっていたら、今回あげた期待できる効果も薄れてしまいます。

 

 

 

しっかりとした食事・運動・休息をバランスよく行うことによって、体はいい状態になりますので、ビタミンCのみに固執はしないようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

なないろ整骨院・整体院では栄養指導も含めたパーソナルトレーニングも行っています。

 

 

個人個人のニーズに合わせたトレーニングメニューの作成や、ダイエットなどの食事指導、生活の質を上げるための日々の生活の中での注意点などを細かく指導しています。

 

 

気になる方は一度ご覧ください。

 

 

 

 

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院のホームページでは色々な役立つ健康情報を掲載しています。よければ一度見て下さい。

 

 

 

 

なないろ整骨院・整体院オフィシャルホームページ

 

 

 

 

 

ご予約はこちらから・・・「なないろ整骨院・整体院予約ページ」

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。今後も皆様に有益な情報を届けれるように、ブログを書いていこうと思います。

The following two tabs change content below.
アバター

なないろ整骨院 院長 濱井 康憲

施術年数16年、施術延人数は10万人を超えています。健康について、どのようなことでもお答えできると思っています。どんなことでもご相談ください。 趣味:ロードバイクでの長距離サイクリング 家族:妻・子供2人(長女・長男)

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前