細胞核オーバーロードの検証結果

 

 

 

こんにちは、豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院のブログ担当の院長の浜井です。

 

 

 

以前「細胞核オーバーロード」という記事を書きました。

 

細胞核オーバーロード

 

 

 

 

なないろ整骨院・整体院のスタッフが挑戦している「ダイエットチャレンジ」企画の中で「細胞核オーバーロード」のトレーニングも併せて実践していました。

 

 

 

ダイエットチャレンジはこちらから(WEEK 6まであります)

 

 

 

 

 

今回は約1ヶ月間、ほぼ毎日、上腕二頭筋・上腕三頭筋のトレーニングをした検証結果を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

細胞核オーバーロードとは

 

 

 

「細胞核オーバーロード」というトレーニング方法は以前の記事で書いたので、そちらを見ていただいた方がわかりやすいのですが、簡単に書いていきますと

 

 

・毎日同じ部位のトレーニングを行う

・トレーニング強度は、重すぎない重量で、回数をこなし、パンプアップさせるような強度で行う

・トレーニング期間は3〜4週間

・トレーニング期間終了後は、約1ヶ月間は対象部位のトレーニングは行わない

 

 

上記の条件で行います。

 

 

 

論説やYouTubeのトレーニング動画などを参考にし、なないろ整骨院・整体院のスタッフが実践しましたので、結果を書いていこうと思います。

 

 

 

 

トレーニングメニュー

 

 

 

 

ここでは実際に行ったトレーニングメニューを書いていきます。

 

 

・ケーブルアームカール

・トライセップスプレスダウン

 

 

ほぼ上記のみです。

 

 

ケーブルマシンが空いていない場合は、ダンベルでのインクラインダンベルアームカールとライイングトライセップスエクステンション(スカルクラッシャー)をしていました。

 

 

 

 

上腕二頭筋と三頭筋のトレーニングを分けて行うと、時間がかかるので、ケーブルアームカール・トライセップスプレスダウンを交互にスーパーセットで行い、休憩なしで3セット続けて行いないました。

 

 

それを2セット行い、合計6セットを行うようにしました。

 

 

 

立て続けに交互に、アームカールとトライセップスプレスダウンを行うので、終わった後は上腕はかなりパンプアップしていました。

 

 

 

使用重量は3週間目から少し重くしないと、パンプ感が得られなくなってきていましたので、3週目くらいから少し重量を上げました。

 

 

 

 

 

 

実践結果

 

 

 

1年半のトレーニング歴があるスタッフが、ほぼ毎日同じ部位を「細胞核オーバーロード」のトレーニング基準に当てはめ実践したのですが、前提条件として、このトレーニングを行ったスタッフは1年半のトレーニング経験があるのにもかかわらず、今まで一度も部位として「腕」のトレーニングをしたことがなかったそうです。

 

 

「腕」のトレーニングとしては、ほぼ初心者と同じような状態で始めました。

 

 

 

実践したスタッフはベンチプレスなどの他のトレーニングで、腕は使うし、翌日に筋肉痛があると仕事に支障をきたすことを考え、今まで腕のトレーニングはほぼしてこなかったそうです。

 

 

 

 

<細胞核オーバーロード開始日の上腕周径(1月6日)>

右:38cm     

左:37cm

 

 

<細胞核オーバーロード終了翌日の上腕周径(2月5日)>

右:39cm

左:38cm

 

 

 

上記のような結果になりました。

 

 

約1ヶ月で上腕周計が左右ともに1cm大きくなっていました。

 

 

 

このスタッフは「ダイエットチャレンジ」企画も同時に行っていて、体組成は

 

  1月6日 2月5日
体重 81.0kg 78.3kg
BMI 27.4kg/m2 26.5kg/m2
体脂肪率 19.8% 16.7%

        

 

上記のように体重、体脂肪率共に下がっているのにもかかわらず、上腕周径は増えていました。

 

 

 

 

 

検証

 

 

今回「細胞核オーバーロード」のトレーニングを行ったスタッフは39歳の男性で、トレーニング歴1年半だが、腕のトレーニングはほぼしたことがないという人物でした。

 

 

 

腕のトレーニングをしたことがないといっても、週に5〜6日はトレーニングをしにジムに行き、毎回約2時間はトレーニングをしていますので、バーベルを上げる時、ダンベルを上げる時など、対象となる部位のトレーニング中に腕のトレーニングも多少はできていたと思います。

 

 

 

今回行った「細胞核オーバーロード」のトレーニングでは、高重量のトレーニングは行っておらず、パンプアップするような、軽めの重量でのトレーニングしかしていません。

 

 

 

そのため、翌日の筋肉痛は全くなく過ごせました

 

 

 

時間の短縮のためにスーパーセットでメニューを組み、腕のトレーニング自体も約5分で終わっていました。

 

 

 

今までであれば、トレーニング後は48時間〜72時間くらいは間をあけた方が、筋肥大には良いとされていましたが、今回の実践結果を見れば、短期間で筋肥大することが確認されました。

 

 

 

実はもう一人のスタッフも施術所内のトレーニングルームで、上腕二頭筋と上腕三頭筋を対象にして同じ期間で、細胞核オーバーロードのトレーニングを行っていました。

 

 

 

そちらも左右ともに1cmの筋肥大が確認できました。

 

 

 

まだまだ論文や検証結果も世の中にあまり出てきていないトレーニング方法ですが、なないろ整骨院・整体院のスタッフの実践結果では、筋肥大が得られるという結果が出ました。

 

 

 

とても少ない検証ですが、トレーニングをしている方は一度試してみてもいいのかと思います。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

・短期間での筋肥大が認められた

 

・細胞核オーバーロードは良いトレーニング方法である可能性を感じた

 

・軽い負荷でできるので、自宅でも出来る可能性を感じた

 

 

 

皆さんも一度やってみてもいいかと思いましたので、トレーニング方法でお悩みの方は一度試してみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

なないろ整骨院・整体院ではパーソナルトレーニングも行っています。

 

 

今回の細胞核オーバーロードはどちらかといえば、初心者向けのトレーニングではありません。

 

 

初心者の方はしっかりとしたトレーニング理論と、フォームを習得する必要性があります。

 

 

なないろ整骨院・整体院でお手伝いができることもあると思いますので、一度「メディカルトレーニング」をみて見てください。

メディカルトレーニング

 

 

 

 

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院のホームページでは色々な役立つ健康情報を掲載しています。よければ一度見て下さい。

 

 

 

 

なないろ整骨院・整体院オフィシャルホームページ

 

 

 

 

 

ご予約はこちらから・・・「なないろ整骨院・整体院予約ページ」

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。今後も皆様に有益な情報を届けれるように、ブログを書いていこうと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

なないろ整骨院 院長 濱井 康憲

施術年数16年、施術延人数は10万人を超えています。健康について、どのようなことでもお答えできると思っています。どんなことでもご相談ください。 趣味:ロードバイクでの長距離サイクリング 家族:妻・子供2人(長女・長男)

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前