交通事故について

 

 

 

こんにちは、豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院のブログ担当の院長の浜井です。

 

 

 

 

暖かい冬ですが、最近は一気に寒くなってきましたね。

 

 

 

 

私は通勤で毎日片道約10kmの道のりを自転車で通っています。

 

 

 

途中で3つくらい大きなアップダウンのある、平坦な道ではありません。

 

 

 

趣味がロードバイクでのサイクリングで、休日は晴れて用事がなければ、いれば大体いつも100kmくらいのロングライドしているので、通勤の10kmの距離は長いくてしんどいというわけではないのですが、寒いのはさすがに慣れませんね。

 

 

 

皆さんはどんな趣味をお持ちですか?

 

 

 

 

良ければ教えてくださいね!!!

 

 

 

さて、先週から始まった、なないろ整骨院・整体院のスタッフのダイエットチャレンジ、みていただけたでしょうか?

 

 

 

まだ見ていただいていない方は一度見てあげてください。

 

 

スタッフのダイエットチャレンジ!

 

 

 

 

私は上の記事でも書きましたが、お正月で3kg増えましたが、毎日の通勤と、連休でのロードバイクでのロングライドのおかげで、マイナス2kgできたので、あと1kg落とせば元通りになります。

 

 

 

この調子で行けば、来週には元に戻るのではないかと思っています。

 

 

 

 

スタッフの村山くんには頑張ってもらいましょう!!!

 

 

 

 

さて、今回はなければ一番良いのですが、突然やってくる「交通事故」について書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

交通事故現場でしなければいけないこと!!

 

 

 

 

この章では交通事故に遭った時、起こしてしまったときに必ず「事故現場」でしなければいけないことを書いていきます。

基本的には被害者側に立っての書き方になりますが、加害者側でも同じことをする必要性があります。

 

 

 

◎被害者の救助

 

交通事故に遭った場合や、起こしてしまった場合、立ち会ってしまった際に一番最初にしなければいけないことは「被害者の救助」です。

被害に遭われた方に「その時」に痛みがなくても、大きな怪我が隠れている場合もありますので、被害に遭われた方を無理に動かしたりせず、出来れば救急車をすぐにでも呼んだ方がいいです。

しっかりとした検査をしないとわからない怪我は意外と多いものですので、被害者の方を動かすのはやめて、できるだけ早く救急車を要請しましょう。

 

 

 

◎警察への連絡

 

交通事故を起こした際は、人身事故、物損事故を問わず警察に連絡しなければいけません。

人身事故の場合など、警察への連絡は加害者側の義務ですが、加害者の方もパニックになっている場合もありますので、被害者の方が警察に連絡しても構いません。

警察に連絡して「事故証明」をもらわないと、人身事故の場合、自賠責保険や任意保険での治療が受けれなくなりますので、必ず警察への連絡はするようにして下さい。

 

 

 

◎加害者の情報・車のナンバーの確認

 

事故の被害にあった場合は必ず相手側の情報を聞いておきましょう。

確認する事項として「相手の氏名」「住所」「連絡先」「自賠責保険の加入の有無」「保険会社の会社名」「車のナンバー」です。

今は携帯電話で写真が撮れますので、相手側の車のナンバーなどは携帯で撮ってしまうのがいいかもしれません。

 

 

 

 

◎目撃者の確保

 

近くに目撃者がいている場合は、事故の目撃証言をしていただけるように「氏名」「住所」「連絡先」を聞いておくことをお勧めいたします。

第三者の目撃証言はとても重要になるので、目撃者がいた場合は連絡先を聞いておきましょう。

最近はドライブレコーダーを搭載している車も多くなっていますので、もしご自身の車にもついている場合は、データの保存をするようにして下さい。

相手側についている場合もデータの保存をしてもらうようにするのがいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

事故後にしなければいけないこと

 

 

 

この章ではご自身が被害に遭われたと仮定して書いています。

 

 

◎自分の加入している任意保険会社への連絡

 

これは事故直後にする必要はありませんが、少し落ち着いた時点でなるべく早く、ご自身の加入している任意保険会社に連絡しおきましょう。

交通事故は「過失割合」というものがあり、10対0での過失割合ににあるもの以外は、自分の加入している保険会社と、相手側の保険会社の話し合いで慰謝料などが決まることが多いので、連絡しておくことをお勧めいたします。

 

 

 

◎医者の診断書を取る

怪我をしている場合だけでなく、特に症状がない場合でも一度医療機関を受診しましょう。

事故直後には症状が出ていないが、後からむムチウチなどの痛みが出てくることもよくあります。

受診した際には必ず「診断書」を見らって下さい。

なないろ整骨院・整体院では提携している整形外科もございますので、どこに行けばいいかわからない場合は一度ご相談ください。

 

 

 

◎交通事故証明を取る

医者の診断書が出て、警察に届け出たら人身事故になります。警察に届け出た際に警察から「交通事故証明」が発行されます。

 

 

 

 

 

なないろ整骨院・整体院での事故の施術と対応について

 

 

 

 

◎施術費用

 

施術費用は原則「無料」です。

事故での施術は相手側の自賠責保険で施術費用は支払われますので、原則施術費用は「無料」になります。

 

 

 

◎施術方法

 

事故によってお怪我をされた部位似合わせた、施術をしていきます。

まず第一に「痛みを取る」ことから始めます。

「痛み」があると日常生活にも支障をきたしますので、まず第一の優先事項が「痛みをつるということになります。

痛みが取れてきたら、全体的なバランスを考えながら、事故前の健康な体に戻していく作業(リハビリ)になります。

提携している整形外科もありますので、医者との連携もとりながら施術方針を決めていく場合もあります。

お怪我の程度や部位により施術方法も変わっていきますので、「その時の一番いい施術」を心がけています。

 

 

 

 

 

 

交通事故についてのよく聞かれるご質問

 

 

 

 

 

◎保険の手続きはどうすればいいのですか?

 

交通事故についての保険の対応はなないろ整骨院・整体院で代行して行います。

一番初めに保険会社にご連絡していただいた後はなないろ整骨院・整体院が保険会社とのやりとりをいたしますので、患者様は怪我を1日でも早く治すための施術に集中していただけます。

 

 

 

 

◎費用はどうなりますか?

 

原則「無料」です。

 

 

 

 

◎被害に遭うと慰謝料が支払われると聞いたことがあるのですが?

 

例外もありますが、「通院日数」に応じて慰謝料が支払われます。

 

 

 

 

◎警察の事故の手続きが終わらないと通院できないのですか?

 

手続きが済んでいなくても通院は可能です。

初期治療(受傷直後の速やかな治療)がとても大事ですので、事故でお怪我をされた場合は真っ先に受診することをお勧めいたします。

 

 

 

 

最後に・・・

 

 

 

交通事故を起こしてしまう、遭われるのとがないことが一番です。

しかし、現代社会において、いつどのような不測の事態が起こるかもわかりません。

交通事故だけではないですが、不足の事態が起こったときにどのような行動を取ればいいのかを、日頃から考えおくことが、とても重要だと思います。

 

もし交通事故に遭われた際は、なないろ整骨院・整体院にご相談ください。

 

 

提携している整形外科の紹介、提携している弁護士もいてます。

 

 

一番良い方法で、早く痛みを取ることがとても重要ですので、できるだけ早くご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院のホームページでは色々な役立つ健康情報を掲載しています。よければ一度見て下さい。

 

 

 

 

なないろ整骨院・整体院オフィシャルホームページ

 

 

 

 

 

ご予約はこちらから・・・「なないろ整骨院・整体院予約ページ」

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。今後も皆様に有益な情報を届けれるように、ブログを書いていこうと思います。

The following two tabs change content below.
アバター

なないろ整骨院 院長 濱井 康憲

施術年数16年、施術延人数は10万人を超えています。健康について、どのようなことでもお答えできると思っています。どんなことでもご相談ください。 趣味:ロードバイクでの長距離サイクリング 家族:妻・子供2人(長女・長男)
アバター

最新記事 by なないろ整骨院 院長 濱井 康憲 (全て見る)

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前