どのくらい整骨院に通えば楽になるのか?

 

 

 

 

 

こんにちは、なないろ整骨院・整体院のブログの担当の院長の浜井です。

 

 

 

年末が近づいてきて皆様もバタバタとされていると思います。

 

 

 

 

一年が経つのはあっという間だなと毎年思っているにもかかわらず、大掃除やプライベートの年賀状などがいつも後回しになり、最後の最後で詰め込んでやってしまうというのを毎年毎年しているなと、少し後悔しています。

 

 

 

 

仕事はなるべく早く片付けようとしっかりするのですが、プライベートはなかなかめんどくさくて、手に付かないです。

 

 

 

 

少し早いですが、来年こそはしっかりと計画的にしようと思っています。

 

 

 

 

さて今回は前回の続きになりますが、「どのくらい整骨院に通えば楽になるのか?」について書いていきたいと思います。

 

 

 

前回の記事を読んでいただいた方が分かりやすいと思いますので、下にリンクを貼っておきますので、できれば先にお読みください。

 

 

 

 

 

前回の記事・・・・「整骨院にどのくらい通えばいいの?」

 

 

 

 

 

ではでは、前書きも長くなってきたので、「どのくらい整骨院に通えば楽になるのか?」を書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

どのくらい整骨院に通えば楽になるのか?

 

 

 

 

 

前回の記事で「ペインスケール」という来院頻度に対する一つの目安を書きました。

 

 

 

 

前回の記事と重複しますが、ペインスケールと来院頻度について書きたいと思います。

 

 

「ペインスケールと来院頻度」

(1)レベル「8〜10」・・・・週3〜4回

(2)レベル「8〜6」・・・・週2回位

(3)レベル「6〜4」・・・・週1回位

(4)レベル「4〜2」・・・・2週間に1回位

(5)レベル「2〜0」・・・・1ヶ月に1回位

 

 

 

 

上記のようになります。

 

 

 

前回の記事でも書きましたが、この通りに通院しなければいけないということではなく、あくまで目安と捉えていただければいいです。

 

 

 

 

では、通院頻度はペインスケールでわかったと思いますが、どのくらいでペインスケールが「10」から「0」に減っていくのかを書きたいと思います。

 

 

 

先程の「ペインスケールと来院頻度」での区分けとしまして次のようになります。

 

(1)・・・一番痛みのひどい時期で、大至急施術を受けていただき、少しでも早くペインスケールを減らす時期

 

(2)・・・本当に一番痛みの出ている時期は収まったが、まだまだ痛みの強い時期

 

(3)・・・一番痛みのきつかった時期と比べると、半分くらいになったが、まだ少し痛みがあるような状態

 

(4)・・・通常時、痛みはないが、少し不安定感があるような状態

 

(5)・・・痛みは特になく、もう一度痛めないようにメンテナンスをしている状態

 

 

 

なないろ整骨院・整体院では上記のように分けています。

 

 

 

通院頻度はペインスケールでわかったと思いますが、では、どのくらい通えばペインスケールは落ちていくのかというところを書いていきたいと思います。

 

 

 

もちろん患者様の症状や、年齢・置かれている状況などで、書いた通りにペインスケールが落ちていくというわけではなく、個人個人で楽になっていくペースというのは違うということはわかっていただきたいと思います。

 

 

 

もちろん個人個人で最終的にどこまで治したいと思っているかにより、その人の治療に対する「ゴール」は変わっていくとは思っています。

 

 

 

「とりあえず今ある痛みを少しでも楽にして欲しい」というのがゴールの方もいれば、「完全に再発しない体にして欲しい」というゴールの方もいらっしゃいます。

 

 

 

なないろ整骨院・整体院では患者様の「ゴール」に沿って施術計画を立てていきますが、あくまでも施術者側からしたら、完全に痛みの出ない体になっていただくことが「ゴール」だと思っています。

 

 

 

 

ペインスケールの(1)の時に週3〜4回の来院頻度で、約1週間くらいあれば大抵の方は(2)まで落ちます。

 

 

(2)から(3)に落ちる時にかかる期間としては、約1週間、長くても2週間あれば大抵の方が落ちていきます。

 

 

ほとんどの方は(3)まで落ちるのに2週間、長くても3週間あれば落ちてくれますが、(3)から(4)(5)へ落とすのが一番個人差が出てくるくるところになります。

 

 

 

というのも、(1)の状態から通院される方というのは(3)の状態になった時点で、元の痛みから約半分くらいの痛みになっています。

 

 

 

ご本人様の感覚では、かなり楽になられているような感覚だと思います。

 

 

 

なないろ整骨院・整体院で(3)の時にお勧めしている通院頻度はは1週間に1回の来院なのですが、だいぶ体も楽になってきているので、少しずつ来院頻度が下がってくる方がいらっしゃいます。

 

 

そのようになってくるとやはり、ペインスケールの落ちていくのが悪くなり、なかなか根本的な回復につながらないことが多いように思います。

 

 

 

(4)まで落ちてくれれば、そこから先はメンテナンスの時期で、痛みはや不調は日常的には感じなく、もう痛みを出さないための施術になりますが、(3)時点では、痛みや不調は残っている状態になります。

 

 

 

だいぶ楽になっているとは思いますが、(4)までペインスケールが落ちるまではなるべく通院頻度を守って通院していただくのが一番の回復への近道だと思っています。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

1)通院頻度をなるべく守ればメンテナンスの時期であるペインスケールの(4)(5)まではほとんどの方が3週間くらいで落ちていく

 

2)自覚症状的に(3)までペインスケールが落ちていればとても楽に感じるが、(4)(5)まで下げた方が、再発の危険性はかなり落ちる

 

 

 

 

 

「どのくらい整骨院に通えば楽になるのか?」について通院頻度と通院回数について書きました。

 

 

 

 

ここに書いたように行かない方もいらっしゃいますが、なないろ整骨院・整体院に通われている多くの方がこのような来院頻度と回数で施術効果を実感していただいています。

 

 

 

 

もちろん全員に当てはまることはないのですが、一つの目安となればいいなと思い書きました。

 

 

 

 

何かわからないことなどがありましたらご連絡ください。

 

 

 

 

年内のブログの更新は今回が最後になると思います。

 

 

 

 

皆さん良い新年をお過ごしください。

 

 

 

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院のホームページでは色々な役立つ健康情報を掲載しています。よければ一度見て下さい。

 

 

 

 

なないろ整骨院・整体院オフィシャルホームページ

 

 

 

 

 

ご予約はこちらから・・・「なないろ整骨院・整体院予約ページ」

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。今後も皆様に有益な情報を届けれるように、ブログを書いていこうと思います。

The following two tabs change content below.
アバター

なないろ整骨院 院長 濱井 康憲

施術年数16年、施術延人数は10万人を超えています。健康について、どのようなことでもお答えできると思っています。どんなことでもご相談ください。 趣味:ロードバイクでの長距離サイクリング 家族:妻・子供2人(長女・長男)
アバター

最新記事 by なないろ整骨院 院長 濱井 康憲 (全て見る)

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前