産後骨盤矯正の方法(2)

 

 

 

 

こんにちは、大阪府豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院の院長の浜井です。

 

 

 

 

本当に寒くなってきましたね、なんだかんだ言っているうちに今年もあと半月くらいになってしまいましたね。

 

 

 

お知らせにも載せますが、なないろ整骨院・整体院の正月休みは

 

 

 

12月29日〜1月3日までです。

 

 

 

年内の最終は12月の28日の土曜日で、土曜日なので午前中までですので、もし受診されるのであれば気をつけてくださいね。

 

 

 

年始は1月4日土曜日からですが、これまた土曜日ですので、午前中だけとなりますので、ご注意ください。

 

 

 

年内のお体の不調は年をまたいで持ち越さずに、年内のうちにしっかりとよくしましょう。

 

 

 

正月休みで1週間近くお休みをいただくので、お体に不調のある方はなるべく早く受診していただき、不調を来年に持ち越さないようにしましょう!!

 

 

 

 

さて、今回は前回の続きで「産後骨盤矯正の方法(2)」を書いていきたいと思います。

 

 

 

前回の続きですので、前回の記事を読んでいな方は少し理解しにくい内容となっていますので、できれば先に前回の記事をお読みになってから、今回の記事を読んでいただければいいかと思います。

 

 

 

下に前回の記事のリンクを貼っておきますので、文字をタップしていただければ、前回の記事に飛ぶようにしてあります。

 

 

 

できれば先にお読みください。

 

 

 

 

 

前回の記事・・・・「産後骨盤矯正の方法」

 

 

 

 

 

産後骨盤矯正の方法

 

 

 

 

前回の記事に書いたように、産後の女性には「腹筋の筋力低下」が必ず起こっています。

 

 

 

特に若い年齢(20代前半くらい)までの方は妊娠前に腹筋がしっかりとあるのと、若さというだけで、かなり回復力が早いということで、産後の腹筋の筋力は落ちてはいますが、戻るのも早く、出産時の年齢が若ければ若いほど、産後の腰の痛みは個人差もありますが、出にくい方が多いと思います。

 

 

 

若くて出産して、腰に痛みがないからと言って、ほったらかしにするのは良くありませんが、なないろ整骨院・整体院に通われる若くて出産をされた方は、当院の「産後骨盤矯正」のプログラムを受けていただいた方は、とても早期に回復されている方がほとんどです。

 

 

 

若くて痛みがないからと言ってほったらかしにすると、腹筋の筋力低下や、骨盤の歪みは勝手には戻りきることはないので、次の出産時や、出産後、または、10年くらい経ってから筋力が低下してきた際に腰痛が出てくることがよくありますので、出来ることなら若くて痛みがないような状態でも一度産後骨盤矯正の施術を受けることをお勧めします。

 

 

 

今まで若い方について書いてきましたが、先ほどまで書いていた出産時に20代前半より年齢が上の方は特に産後の骨盤矯正が必要になってきます。

 

 

 

女性は大体25歳くらいまで成長をしますが、それ以降は特に運動(筋トレなどのトレーニングなど)を行っていない方は、筋力が落ちていきます。

 

 

 

年齢を重ねるにつれ、筋力はどんどん落ちていきます。

 

 

 

筋力の落ち幅は人によって変わりますが、トレーニングをされていない方は前年比で約0,5%〜1,0%位自然と落ちていくと言われています。

 

 

 

例えば最近は晩婚化の影響で、高齢出産の方が増えてきていますが、35歳で出産された方の筋力は25歳の筋力と比較すると約10%ほど落ちていることとなります。

 

 

 

出産時に筋力が低下しているにもかかわらず、年齢的にも妊娠前から筋力低下が起こっていますので、腰痛が起こりやすい状態になっています。

 

 

 

前回の記事でお伝えしたように、なないろ整骨院・整体院で行っている「産後骨盤矯正」のプログラムは

 

 

 

 

筋肉調整×骨盤調整×腹筋の筋力回復

 

 

 

 

上記で行っています。

 

 

 

前回の記事と常服するところもありますが、なないろ整骨院・整体院で行っている「産後骨盤矯正」のプログラムの内容を詳しく書いていくと、

 

 

 

1)筋肉調整

人間の体には、全身に骨から骨に筋肉がついていて、筋肉が収縮することによって骨と骨をつなぐ関節が動くことによって体が動いています。

その筋肉をまずは緩めてやることにより、動きやすくなります。

 

 

 

 

 

2)骨盤矯正

前回の記事でも書きましたが、妊娠中、産後は骨盤が歪んだ状態になります。妊娠前の正しい位置に優しい施術で戻してやり、体に不調を出す原因を排除していきます

 

 

 

 

 

3)腹筋の筋力回復

これも前回の記事で書きましたが、妊娠中赤ちゃんが大きくなるにつれ、お腹が大きくなり、それに伴い腹筋の筋力低下が起きます。

腹筋は正しい位置に戻した骨盤をキープするのに、とても重要な働きをします。

しかし、産後の女性は正しい位置に戻した骨盤をしっかりとキープできる腹筋は残っていません。

その筋力の低下した腹筋を元に戻すことによって、正しい位置に戻した骨盤をキープできるだけの、腹筋の筋力を取り戻すためのトレーニングを行います。

 

 

上記の3つを盛り込んだものがなないろ整骨院・整体院独自の「産後骨盤矯正の方法」になります。

 

 

 

 

長くなってきたので、各項目の具体的な方法は、次回に続きを書こうと思います。

 

 

 

この記事を読んでいただき、わからないことがあればどんなことでも構いませんのでご相談ください。

 

 

 

最後に、なないろ整骨院・整体院の「産後骨盤矯正」の説明のホームページのリンクを貼っておきます。

 

 

 

 

なないろ整骨院・整体院の産後骨盤矯正のページ

 

 

 

 

 

次回は今回書ききれなかった「産後骨盤矯正の方法(3)」を書きたいと思います。

 

 

 

 

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院のホームページでは色々な役立つ健康情報を掲載しています。よければ一度見て下さい。

 

 

 

なないろ整骨院・整体院オフィシャルホームページ

 

 

 

 

ご予約はこちらから・・・「なないろ整骨院・整体院予約ページ」

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。今後も皆様に有益な情報を届けれるように、ブログを書いていこうと思います。

The following two tabs change content below.
アバター

なないろ整骨院 院長 濱井 康憲

施術年数16年、施術延人数は10万人を超えています。健康について、どのようなことでもお答えできると思っています。どんなことでもご相談ください。 趣味:ロードバイクでの長距離サイクリング 家族:妻・子供2人(長女・長男)
アバター

最新記事 by なないろ整骨院 院長 濱井 康憲 (全て見る)

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前