動的ストレッチについて

動的ストレッチについて

 

こんにちは、豊中市緑丘のんな色整骨院・整体院のブログ担当の村山です。

前回の記事までかなり時間が空いてしまっていたのですが、そんなに読んでいる人も多くないだろうし、忙しかったこともあり自分の中では「まぁ、ほっといても大丈夫やろ」とたかをくくっていました。

しかし、前回の記事を上げた後に、来院された方から「毎回よく更新してくれているブログを楽しみにしていたのに、なかなか更新してくれないから何してるん?と思っていた」と言われました。

それも一人だけではなく、複数人からです。

こんなブログでもコツコツと更新していればちゃんと読んでくださるのだなと思い、これからは初心や今の気持ちを忘れずに頑張ってブログを更新しようと思いました。

 

さて、前回の記事でも書いていましたが、今回から数回に分けてストレッチについてきていきたいと思います。

前回の記事で動的ストレッチと静的ストレッチがあると書きましたが、今回は動的ストレッチについて書いていきたいと思います。

 

前回の記事はこちらから・・・「ストレッチの種類について

 

動的ストレッチは別名「ダイナミックストレッチ」と言われ、動きながら筋肉に刺激を与えるストレッチ方法のことを言います。

関節を捻ったり、曲げ伸ばししたり、腕や足をいろんな方向に動かしたりしてするストレッチ方法です。

動的ストレッチは主にウォーミングアップの際に行います。

前回の記事でも書きましたが、日本で一番有名なものでは「ラジオ体操」がこの動的ストレッチにあたります。イチロー選手が試合前に行うルーティーンの「初動負荷」やサッカーのブラジル代表が昔から行ってきた「ブラジル体操」などが有名ではないでしょうか。

 

動的ストレッチの効果としては、

✅怪我の予防

✅トレーニング効果の向上

の2点があげられます。

 

動的ストレッチの効果

 

先ほど書いたことについて詳しく書いていきましょう

 

1)怪我の予防について

動かしていない筋肉はガチガチに緊張しているような状態です。

その緊張した筋肉でいきなり運動を行うと、筋肉への負担が大きくなり、怪我の原因になります。

動的ストレッチをすることによって、「血行を良くする」「体温を上げる」「スムーズに動きやすく、曲げ伸ばししやすい柔軟な筋肉になる」といったことが起こり、運動をした際に動きやすい筋肉になるので、怪我の予防につながります。

 

2)トレーニング効果の向上

動的ストレッチを行ってから運動をすることによって、先ほど書いた「血行を良くする」「体温を上げる」「スムーズに動きやすく、曲げ伸ばししやすい柔軟な筋肉になる」効果があるので、いきなり運動をするよりもスムーズに体が動くことにより、トレーニングの始めから効果が高くなります。

 

動的ストレッチの実践方法

 

この章では動的ストレッチの実践方法を書いていきたいと思います。

動的ストレッチの効果は

 

血行を良くする」

「体温を上げる」

「スムーズに動きやすく、曲げ伸ばししやすい柔軟な筋肉になる」

 

と書きました。

 

ウォーミングアップの時に行うのが動的ストレッチです。

先ほども書いた通り一番わかりやすくていいものは「ラジオ体操」です。

 

 

ほとんどの方が一度はやったことがあるのではないでしょうか。

しかし、ラジオ体操を”真剣”にやったことがある方はどのくらいいてるでしょうか??

私は元自衛隊員であり、自衛隊にはラジオ体操ではなく、自衛隊体操というウォーミングアップや、毎朝の朝礼時に行う、自衛隊特有の体操がありました。

入隊して初めに覚えさせられるものの一つです。

自衛隊は皆さんの想像通り、厳しい世界です。

この自衛隊体操も運動強度に関してはラジオ体操とそんなに変わらないのですが、とにかく全ての動作で、指先までしっかりと伸ばす、背伸びをするときはしっかりとつま先で立つ、腕を回すときは最大可動域で動かすなど、出来ていないと自分一人だけならまだしも、仲間全員が連帯責任で教官に徹底的に怒られ、罰としてスクワットのような筋トレをさせられました。

この時に真剣に自衛隊体操をしっかりとすることを経験した際には、一度”真剣”に体操しただけで、体は動きやすくなり、心拍数は上がり、体温も上がっていました。

それと同じで、「ラジオ体操」も真剣にやってみたらどうなるのかを自分で試したこともありますが、結果は、”真剣”にすれば、体は動きやすくなり、心拍数は上がり、体温も上がっていました。

皆さんも「ラジオ体操」を動的ストレッチとして”真剣”にやってみませんか?

動的ストレッチでは”真剣”に「ラジオ体操」に励むのがいいと思います。

 

動的ストレッチは「覚醒作用(目が覚める作用)」もありますので、寝る前にはやらないようにしてくださいね。

できるのであれば、動的ストレッチは朝起きてからするのが良いです。

覚醒作用と体を動かしやすくして、1日のはじめから怪我をしにくい体で動くようにしましょう。

 

動的ストレッチは動きながらするストレッチですが、カロリー消費という観点から見るとそれほど高いものではないので、あまりダイエット効果は期待しないでください。

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院では様々な状態に対応しております。

ホームページには色々な情報が載っていますので、一度見てください

 

なないろ整骨院・整体院オフィシャルホームページはこちら

 

ご予約はこちらから・・・「なないろ整骨院・整体院予約ページ」

 

次回は静的ストレッチについて書いていきたいと思います。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

なないろ整骨院 院長 濱井 康憲

施術年数16年、施術延人数は10万人を超えています。健康について、どのようなことでもお答えできると思っています。どんなことでもご相談ください。 趣味:ロードバイクでの長距離サイクリング 家族:妻・子供2人(長女・長男)
アバター

最新記事 by なないろ整骨院 院長 濱井 康憲 (全て見る)

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前