OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鼠径部痛症候群(グロペイン症候群)とは??

 

蹊部痛症候群(グロペイン症候群)とは、鼠蹊部・下腹部・内転筋近位部・睾丸後方・坐骨部などの股関節周辺に違和感が発生する症候を言います。

特にサッカー選手に多く、名選手では「ジダン」「中田英寿」「アンリ」などがこの症候群になっていたことが有名です。

サッカーのボールを蹴る動作は片足で行いますが、その時にかかる負担の大きさなどで発症してるのではないかと言われています。

成長期の子供がなる「単純性股関節炎」とは違い、一度なるとなかなか違和感が引かないのが特徴です。

股関節周辺の筋力の低下や、足と体幹の協調運動(一連の流れで行う運動)がなかなか違和感などによりできなくなることにより、股関節周辺の違和感や機能不全がひどくなることも多い疾患です。

サッカーのキックの動作の時に違和感があり、圧痛がある場合は「鼠径部痛症候群」である可能性があります。

 

 

なないろ整骨院・整体院での施術方法

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院ではまずはしっかりとした鑑別診断が必要だと思っています。

サッカー選手に多いと書きましたが、違うスポーツでもなる可能性はありますので、しっかりととした診断が大事だと思っています。

筋肉性の怪我なので、レントゲンなどには写りませんので、今までにどれだけ「鼠径部痛症候群」の症例を見てきたかで、鑑別診断の度量が変わってきます。

 

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院の院長は長年整形外科のリハビリルームでの勤務を経験し、プロ選手などアスリートのサポートを行ってきました。

様々な症例を見てきていますので、ご心配なくご来院ください。

 

 

また、スタッフにはサッカー歴25年の元大阪代表に選べれていたスタッフもいています。このスタッフはサッカーのトレーナー活動もしていて、子供の大会から、アマチュアの大人の大会まで、幅広くトレーナーとして現場に行っています。

また、サッカーではないですが、ボクシングのオリンピックメダリスト・世界タイトルマッチ経験者・東京オリンピック出場の可能性が高い国内ランキング1位の選手などのサポートもこなってきました。

 

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院ではしっかりとした鑑別診断をして、「鼠径部痛症候群」と判断した際にの施術方法として

・深部の筋肉へのアプローチのために豊中市になないろ整骨院・整体院にしか置いていない特殊電気物療器での施術

・体幹と下肢の協調運動ができていない場合は、協調運動のトレーニング

・体幹もしくは下肢の筋力不足が原因になっている場合は、筋力不足のトレーニング

・足首〜膝〜股関節のアライメントの調整

・違和感の出ていない方の足に負担がかかる場合が多いので、そのケア

・股関節に違和感があると、上半身が絶対に歪みますので、上半身へのケア

 

特殊電気物療器「ES-5000」の説明はこちら(一番下に書いてます)

 

ご来院された方の状態や、違和感の出ている部位がそれぞれ違いますので、個人個人の状態に合わせ、上記の施術や、また違った技術を駆使し、違和感のある状態からの早期回復を目指します。

しかし、股関節に違和感があっても運動は継続しながら施術をしていくことになりますので、1回2回の施術ではなかなか良い結果は出ない疾患です。

しかし、今までに診てきた、施術してきた症例数には自信がありますので、股関節の違和感でお悩みでしたら、豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院まで一度、ご相談ください。

 

 

最後に、このページを見ていらっしゃる方は何らかの「股関節周辺の違和感」みたいなことを悩まれているのかと思います。

「鼠径部痛症候群(グロペイン症候群)」のみではなくとも、どのようなお体のご相談はできると思っていますので、どんな些細なことでもいいので、お体のことでお悩みの方は、ぜひ一度、豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院までご連絡ください。

 

 

 

 

なないろ整骨院・整体院オフィシャルホームページはこちら

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前