顎関節症とは

 

 

口を開ける時に口の中で「カクン」と音が鳴ったり、物を噛んだ時に、こめかみの辺りに違和感が走ったりする状態があれば、「顎関節症」を疑っていいでしょう。

ここ最近では特に若い20代〜30代の女性に「顎関節症」が増えています。

軽傷の場合は自然に治ることもありますが、放っておいて重症化してしますと、「めまい」「頭痛」「口が開かない」「耳鳴り」「肩こり」などの原因になりますので、できる限り、早い処置で重症化せずに、軽い状態のうちに治してしまうことが重要です。

 

 

顎関節症の原因は??

 

 

顎関節症の原因となるのはいくつかあります。

下顎骨(下顎の骨)と頭蓋骨の間には関節があるのですが(この関節が顎関節と言います)そこに「関節円板」というクッションみたいなものがあるのですが、その「関節円板」がずれることによって起こる場合があります。

関節円板は口を開け閉めする時に、骨の動きに合わせて前後に動き、下顎骨と頭蓋骨がぶつかるのを防ぎます。

しかし、関節円板が前の方にずれたままになってしまうことがあります。

こうなってしまうと、口が開けにくくなったり、口を開け閉めするときに「カクン」と音が鳴ったりします。

他には物を噛むときに使う「咀嚼筋(そしゃくきん)」という筋肉の過緊張も考えられます。

咀嚼筋に強い負荷がかかることで鋭い違和感が発生します。

違う原因はまだあり、靭帯の障害や、顎関節を包んでいる関節包の障害によって起こるものや、変形性関節症という骨の変形で起こる場合もあります。

顎関節の違和感の原因が何なのかを、きちんと見つけることがとても重要です。

 

 

 

顎関節症の施術方法

 

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院では顎関節症の施術方法として、まずは先ほどの章でも書いた通り、どの場所が原因になっているかをしっかりと見させていただいた上で、「咀嚼筋の過緊張」が原因となっているものに関しては、施術の対象としております。

それ以外の原因である場合は当院の知り合いの歯科医をご紹介させていただいております。

咀嚼筋の過緊張」からくる「顎関節症」の施術方法としましては、咀嚼筋をマッサージやストレッチなどでしっかりと緩めてやり、過緊張になっていない方の咀嚼筋が弱っていると思われますので、ちゃんと動きを出せるようにトレーニングを行います。

なないろ整骨院・整体院には特殊な電気治療器がおいてあります。

豊中市ではなないろ整骨院・整体院にしか導入されていない最新の特殊な電気治療器です。

手技療法と並行し、その特殊な物療器を「咀嚼筋」に当てることによって「違和感」や「開けずらさ」の緩和につながります。

 

最新の特殊物療器「ES-5000」の説明のページ(一番下に書いてあります)

 

「口が上下に開かない」というは経験上はほとんどが「筋肉の過緊張」が原因になっている「顎関節症」であることが多いです。

もちろん程度にもよりますが「筋肉の過緊張」からくる「顎関節症」であれば、週に2回くらいの施術で、約1ヶ月くらいでだいぶ安定するのではないでしょうか。

「顎関節症」は生活習慣と密接に関係しています。

よく頬杖をつく

・歯を食いしばる

・物を噛むのがいつも同じ方で噛む

など上記に当てはまる方は要注意です。

 

なないろ整骨院・整体院のこのページを見られている方は「顎関節症」でお悩みなられていると思いますので、放っておいて重症化しないように早い受診をお待ちしております。

重症化されている場合でも対応可能ですので、一度ご相談ください。

 

 

 

なないろ整骨院・整体院のオフィシャルホームページはこちら

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前