手の腱鞘炎について

 

手の腱鞘炎といっても様々なものがあります。

ここで紹介するのは、親指の腱鞘炎で傷病名を「ドケルバン病」というものと、「バネ指」や「弾発指」と言われるどの指にでも起こる腱鞘炎について書いていきます。

 

そもそも腱鞘炎になぜなるのかというと、「腱鞘」という筋肉の腱を包んでいて、筋肉の腱がスムーズに動くようにしている場所があるのですが、「腱鞘炎」とはこの腱鞘と筋肉の腱が擦れて炎症が起こった状態のことを言います。

ちなみに筋肉の腱とは骨と骨の間に筋肉がくっついているのですが、そのくっつくところは「腱」と呼ばれ、筋肉みたいに伸び縮みしない組織になっています。

<ドケルバン病>

親指を伸ばす筋肉(短母指伸筋)と親指を広げる筋肉(長母指外転筋)の腱が先ほども書いた腱鞘と擦れて炎症が起こる傷病名のことを言います。

親指を曲げ伸ばししたら違和感が走ったり、手の甲にも違和感が出る場合もあります。

また、親指を広げた際は手首まで強い違和感が走ったりもします。

最近ではスマホの触りすぎによるドケルバン病がとても増えています。

 

<バネ指>

弾発指とも呼ばれ、親指以外でもなります。

指を曲げ伸ばしする筋肉の腱と、腱が浮き上がるのを抑え込んでいる靭帯性腱鞘と呼ばれるトンネル状になっている腱鞘の間で炎症が起こり発症します。

状態として指を広げようとしてもなかなか開かず、開く際はバネが弾いたような指の動きになります。

患者様がよく言われるのは「指を広げる時になんか引っかかっている感じがする」と言われます。

トンネル状の靭帯性腱鞘の中に筋肉の腱が入っているような状態なので、炎症で分厚くなってしまった腱鞘に押しつぶされているので、どうしても引っかかったような感じになります。

 

腱鞘炎の状態

 

ドケルバン病もバネ指も腱鞘が炎症を起こす過程で、肥厚しています。

その中を筋肉の腱が通っているので、擦れた時に違和感が出ます。

先ほども書きましたが、ドケルバン病なら手の甲や手首の強い違和感。

バネ指ならなっている指の付け根の強い違和感が出ます。

 

 

なないろ整骨院・整体院の腱鞘炎の施術

 

腱鞘炎は基本的には動かしすぎてなるものなので、なるべく動かさないのが一番良いです。

しかし、お仕事でパソコンをよく使う方などは、仕事を辞めるわけにはいきませんので、強い違和感が出ていても仕事をしながら施術をして、いい方向に持っていくという矛盾していることで治していかなくてはいけません。

ドケルバン病もバネ指もひどくなれば、外科的に分厚くなった腱鞘を削って薄くするような手術の適応になります。

ひどくなる前に豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院での施術をお勧めします。

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院での腱鞘炎の施術は

・当該筋肉のケア

・熱感がある場合はアイシング

・テーピング、包帯での固定

・指、手首、肘、肩関節の関連筋肉のケア

・特殊電気物療器での状態の緩和

 

特殊電気物療器「ES-5000]の説明はこちらから(一番下の方に書いてます)

 

上記で基本的には施術を進めていきます。

さらに

・自宅でのメンテナンス方法

・ストレッチの仕方

など治った後も再発しないようにアドバイスをさせていただきます。

腱鞘炎になった方は施術を受け治っても、原因となる仕事などは、腱鞘炎になる前と変わらず続けていかなければなりませんので、再発防止にどう擦れば良いかを知っておかなければ、また再発するケースが血ても多いのが特徴です。

しっかりと腱鞘炎を治し、その後はしっかりとしたケアで再発の防止をするのが、腱鞘炎の施術方法になります。

 

この腱鞘炎のページを見てらっしゃる方は手の周辺にお悩みを持たれているのかなと思います。

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院ではお身体のお悩みにはどのようなことでも、お答えできると思っています。

お身体のお悩みがある方は是非一度豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院までご相談ください。

 

 

 

なないろ整骨院・整体院のオフィシャルホームページはこちら

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前