胸郭出口症候群とは

 

 

まず胸郭という場所ですが、胸骨と肋骨と背骨で構成され肺を入れている空間のことを言います。

手や腕や肩などを支配する神経は背骨の横から出ています。

胸郭から神経や、血管が手や腕や肩につながっていくのですが、何らかの原因で、胸郭を出る際に神経や血管が絞扼されてしまい、違和感や痺れが出る状態の総称を「胸郭出口症候群」と言います。

 

 

胸郭出口症候群の症状

 

 

・手、腕、肩の違和感や痺れ、倦怠感など

・手の感覚の違和感

・首を動かすと痺れや違和感が手、腕、肩に走る

 

 

胸郭出口症候群の原因

 

 

大きく4つに分類されます。上から順に原因として多いものです。

4つ書きましたが、どれも結局は、腕に走っていく「神経」「血管」を圧迫して違和感や、痺れが出ると覚えて頂ければ良いと思います。

 

1)斜角筋症候群

胸郭出口症候群の中で一番多い原因になっているのが、斜角筋症候群です。

頭を支える首の筋肉で斜角筋という筋肉があります。斜角筋は前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋、最小斜角筋の4種類があります。その中で前斜角筋と中斜角筋の筋緊張が強くなった時、その二つの筋肉の間を走る腕神経叢(手や腕を支配する神経の大大元の部分)や鎖骨下動脈(腕に栄養を送る血管)を圧迫して、違和感や痺れなどが出てきてしまいます。

 

 

2)過外転症候群

胸に小胸筋という筋肉があり、この筋肉は自分ではなかなか触れにくい部分にあります。なぜ触りにくいかというと、小胸筋の上には大きな筋肉で大胸筋という筋肉があり、小胸筋はその奥にあるからです。小胸筋は腕を前に出すといった動作の時に使う筋肉です。小胸筋の筋緊張が強くなると小胸筋の奥を走っている、神経や血管を圧迫してしまい、違和感や痺れなどが出てしまいます。過外転症候群になる原因と言われているのが、ずっと腕を上げっぱなしにするような動作をしていることだと言われています。日常生活の中の動作でいうと、洗濯物を干す、つり革をずっと持っているなどです。

 

 

3)肋鎖症候群

肋鎖関節と言われる第一肋骨と鎖骨との関節があります。この部分が悪い姿勢、筋肉の過緊張、先天的な要因などによって狭くなってしまい、神経や血管を圧迫する事で違和感や、痺れが現れます。肩甲骨付近への違和感の出現が多く、斜角筋症候群と状態がとても似ているため、鑑別が難しいです。

 

 

4)頚肋症候群

子供の頃に成長とともになくなるはずの肋骨が大人になっても、そのまま残ってしまい、首から出ている神経や血管を圧迫してしまうものです。全人口の1〜2%くらいの方がこの肋骨が残っているそうです。レントゲンで本来ないはずの肋骨を確認することが出来るので、他の症候群とは違いレントゲンの画像で診断ができます。

 

 

施術方法

 

 

原因のところでも書きましたが、神経や血管の圧迫が主な原因です。

胸郭出口症候群の多くの方に当てはまることが、みなさん

 

「猫背になっている」

 

ということです。

なないろ整骨院・整体院では猫背矯正を施術メニューに入れており、当院のメニューにある「根本施術」と「猫背矯正」を組み合わせて状態の向上を図っていきます。

 

猫背矯正のページはこちら

 

「腕が痺れる」「手先が痛い」「指先が痺れる」で今までたくさんご来院されました。

現在このホームページを見られている方は、何かしらのお身体の不調があるのではないかとなないろ整骨院・整体院は考えております。

どのような状態でも構いません。

何らかの形でご相談に乗れると思いますので、一度ご連絡ください。

 

 

 

なないろ整骨院・整体院のオフィシャルホームページはこちら

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前