坐骨神経痛とは

 

 

「坐骨神経痛」とい正式な病名はありません。

坐骨神経とは腰の骨の横から出て、足にかけて走る神経のことを言います。

お尻にある梨状筋という筋肉の間から体表に出てきて、太ももの後ろ側から、ふくらはぎの外側を走っている神経です。

この坐骨神経に沿った違和感が特徴的ですが、初めに書いたように正式な病名ではなく、違和感やしびれが坐骨神経に沿って出た状態のことを総称して「坐骨神経痛」と言われています。

 

 

坐骨神経痛の原因

 

 

坐骨神経痛には先ほども書いたように、「坐骨神経に沿って出た違和感の総称」と書きましたが、その原因は色々なものがあると言われています。

よく言われる代表的な原因としては、腰の骨のの変形が原因になっている神経の圧迫、お尻の筋肉での神経の圧迫などが坐骨神経痛の原因と言われます。

しかし、坐骨神経痛は坐骨神経に沿った筋肉や筋膜の張りが原因と言われています。

その結果、筋肉や筋膜の張りが原因となっているのですが、「坐骨神経痛」という病名なので、坐骨神経そのものが違和感を出しているという思い込みが今でも残っているようです。

では、どの筋肉が原因になっているのでしょうか。

一つの筋肉だけではなく、色々なものが当てはまります。

お尻の外側にある中臀筋・小臀筋や、太ももの裏側にあるハムストリングスなどが原因の多くになっています。

特に太ももの裏側の筋肉などはデスクワークなどで座りっぱなしになると、圧迫され血流が悪くなり、その結果、筋肉に必要な血液が行き届かなくなることにより、しびれ感やだるさの原因になったりします。

 

 

 

なないろ整骨院・整体院での施術方法

 

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院では先ほども書いたように、「坐骨神経痛」はでている状態であって、原因は違うところにあります。

なないろ整骨院・整体院ではしっかりとした問診・検査で「どこに原因がるのか?」をしっかりと見つけ、そのポイントに対してアプローチすることにより、「坐骨神経痛」の緩和をしていきます。

アプローチの方法としましては、「手技療法」「物療」「骨盤から足指までのアライメントの調整」「筋膜施術」「特殊なテーピング」などで対応しております。

お一人お一人で原因が全然違いますので、腰から足の外側に「違和感」「しびれ感」などがある方は一度豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院までご相談ください。

このページを見てらっしゃるということは、何かしら腰から足に問題があると思っている方かなと思います。

どのようなことでも体のことであればご相談に乗ることが可能かと思いますので、何かあれば、豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院までご連絡ください。

 

 

 

なないろ整骨院・整体院オフィシャルホームページはこちら

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前