ゴルフ肘とは

 

 

ゴルフ肘とは上腕骨内側上顆(肘の内側)に違和感が走るスポーツ障害です。

痛む動作としては、「手をグーに握る」「肘を伸ばす」といったような動きで違和感が現れます。酷くなってくると、普通に生活をしていて、「荷物を持ち上げる」「ハンドルを握る」といった動作が違和感によって、できなくなってしまいます。

 

 

ゴルフ肘の原因

 

 

ゴルフのスイング時に過度の負担が肘にかかってしまい、肘の内側に炎症が起こるのが原因です。

特に練習中などに過度に手や前腕の筋肉に負担がかかると、肘に炎症が現れるようになります。

この時に多いのがゴルフは「軸」で回らなければいけないのですが、きちんと「軸」で回れておらず、ゴルフ肘になられる方の多くが手打ちになってしまっていることも原因です。

疲れていないときは「軸」で回って打っていても、疲れてくると、「軸」でしっかりと回せずに「手打ち」になってしまい起こることが多いです。

また、前腕の「屈筋群」の筋肉の過緊張も原因となります。

 

 

 

ゴルフ肘の症状

 

 

◆ゴルフのスイング時に違和感がある

◆肘の曲げ伸ばしをしたら違和感が出る

◆軽いものでも、物を持ったら肘の内側に違和感が出る

◆湿布をしていても、一向に上記の状態が良くならない

ざっと書きましたが、この中に当てはまるようでしたら、「ゴルフ肘」を疑っても良いと思われます。

 

 

 

ゴルフ肘の施術方法

 

 

ゴルフ肘は前腕の筋肉が張っている時になります。

手や前腕の筋肉の「屈筋群」と言われる、手首を内側に動かす筋肉はほとんど上腕骨の内側上顆から出ています。

前腕の筋肉が張った状態でゴルフクラブを握り込み、しっかりと振り回すと、筋肉の付け根である、「上腕骨内側上顆炎=ゴルフ肘」になってしまいます。

発症したばかりでは少し触っただけでも違和感が出てていると思いますので、当院では豊中市の整骨院で、なないろ整骨院・整体院にしか置いていない特殊電気物療器での施術をまず行い、早期の「違和感」の緩和を目指します。

 

特殊電気治物療器の説明はこちら(ページの一番下に書いてあります)

 

並行して肘が痛くなる時は、肩・首・背中・骨盤など違う部位も動きが悪くなっていたり、筋肉が張ってしまっていることがよくあります。

それら離れた場所でも「肘を動かす時に関係する」ので、しっかりとアプローチしてやり、「肘が痛い時」にしっかりと関連する場所をリカバリーしてやらなければ、肘の状態が良くなってきても、また同じように「ゴルフ肘」になってしまいますので、急性期(違和感がではじめた時期)ではしっかりと肘以外のケアもしていきます。

少し肘に状態も良くなってきたら、前腕や肘自体の手技での施術も始めていきます。

違和感の強い時は「テーピングや包帯での固定」をしたり、熱を持っている場合は「アイシング」をしたりする場合もあります。

基本的には「ゴルフ肘」となってからはゴルフは中止です。

中にはゴルフをプレーされながら治す方もいらっしゃいますが、こればかりは肘の状態によりますので、個別での対応となります。

施術期間は軽いものから重度のものまでで、だいぶ幅がありますが、概ね3週間から2ヶ月くらいを目安にしていただければ良いかと思います。

 

豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院の「ゴルフ肘」のこのページを見ていただいているということは、肘に何らかの「違和感」「不安感」「不調」などがあるのではないかと思います。

「ゴルフ肘」だけではなく、どのようなことでもお身体のことであれば対応できると思いますので、、お悩みのことがありましたら、是非一度、豊中市緑丘のなないろ整骨院・整体院までご連絡ください。

 

 

 

なないろ整骨院・整体院のオフィシャルホームページはこちら

ご相談・ご予約はお気軽にお問合せください

06-6840-0880

営業時間9時〜20時(定休日:土曜午後・日・祝)

メールでのお問合せ・ご予約はこちら

24時間WEB予約はこちら

なないろ整骨院の診察時間

なないろ整骨院の設備

〒560-0002 大阪府豊中市緑丘4丁目11番5号
大阪モノレール小路駅徒歩15分 / 阪急バス停留所緑丘目の前